• 証券会社は便利ツールで比較して決めよう

    株式投資を始める理由として、株主優待や配当金をもらいたいという人もいると思います。

    総合証券会社の他にも、現在ではインターネット上で株式投資を行えるネット証券会社が増えていますので、自宅に居ながらでも手数料を済ませることができます。
    ネット証券の口座があれば、株式の売買だけではなく、気になっている銘柄の整理や検索、企業のチェックなども行えます。
    証券会社には独自のサービスや機能がありますので、どのような便利ツールがあるのかを比較して、口座を作る会社を決めるのも良い方法と言えます。

    便利ツールの機能を口座を作っておくことで、無料で使える証券会社がおすすめとなります。

    株式の売買を行いたいと感じる気になる銘柄を発見したときには、運用資産の一覧表であるポートフォリオを使用します。

    証券会社の比較の相談ならココです。

    ポートフォリオは銘柄のメモをしておける機能となりますので、数多くの銘柄を確認した場合であっても忘れることを防げます。


    ポートフォリオに登録している銘柄については、現在における株価を同時に見て比較することや、損益について自動計算してくれる機能がありますので、利便性の高いサービスと言えます。
    ポートフォリオ機能が利用できるかどうかで比較したときには、SBI証券やマネックス証券、カブドットコム証券が利用可能であるということでおすすめできます。



    中でもマネックス証券のポートフォリオは、10銘柄までの登録が可能ですので、たくさんの銘柄をまとめてから確認したい人に便利なツールとなります。